ホーム » ガンプラの作り方 » 超初心者 » これだけは気をつけるポイント! » パーツ名称の説明!

パーツ名称の説明!


さて、パーツの切り離しの前に、
ガンプラパーツの説明です。これを把握しておかないと、他のサイト等でも
言っている意味が分からないと思うので、しっかりと覚えましょう。

といっても、覚える単語はたったの5つ。

・ランナータグ
・ランナー
・パーツ
・ナンバータグ
・ゲート

どうです?この位なら覚えれそうではないですか?
これらの用語は雑誌でも良く出てくるので、覚えておいて損なしですよ!

さあ、では各名称について説明していきましょう!
と、いってもこれは実際の写真を見てもらうのが一番早い。

ってことで、どんっ!!!

ランナータグ

各部品一枚一枚にアルファベットが付いています。
基本的にアルファベットAから順に、A,B,C,D,E,F,・・・って感じに名称が付いています。

例外的に、パーツとパーツのつなぎ目に利用する、
柔らかいプラスチック素材のパーツのみ「PC」と付いています。

これをランナータグといいます。

ちなみに部品はHGUCではざっとこの位の量です。

これがRG、MG、PGとなる順に増えて行きます^^

 

ランナー

部品の外回りの枠の事を言います。
ま、正直使わない部分ですね〜

最後に燃えないゴミとして捨てる部分です(笑)

 

パーツ

実際に組み立てに使う部品の事を言います。
こんなにちっちゃいパーツが組み重なって、立派なガンプラになります!

 

ナンバータグ

そして、各パーツ内で今度は1から順に番号が振られています。
こんな感じですね。

上の写真では、「11」。

ランナータグが「A」で、このパーツの名称が「11」なので、
このパーツは「A-11」と呼ぶ訳です。

ガンプラの取説にはパーツを全て「ランナータグ - ナンバータグ」で書かれています。

 

ゲート

パーツと部品がくっ付いている部分の事を言います。
ガンプラの仕上がり具合はこのゲートをいかに綺麗に切り取るか、にかかっています!
ちなみに、このゲートを綺麗に切り取る事を「ゲート処理」と言います。

以上、ガンプラパーツの名称説明でした!
これだけ覚えていれば、ガンプラ雑誌を読んでもまず用語に困る事はないはず!

次回はパーツの切り離し作業について説明しますよ~
乞うご期待!!!


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
今月の新発売ガンプラ♪
カテゴリー
最新記事
管理人プロフィール


当サイト管理人「ゆう」です。
30代目前で、ガンプラ制作に目覚めたサラリーマンパパ(爆)

お気に入り登録

お気に入り登録しておくと
次回からのアクセスが便利です♪

name .' - '. get_bloginfo('name'); } elseif( is_single() || is_page ) { $pageName = get_post( $post->ID, OBJECT ); $pageName = $pageName->post_title .' - '. get_bloginfo('name'); } else $pageName = get_bloginfo('name'); if( ereg( "MSIE", $browser ) ) echo ""; elseif( ereg( "Firefox", $browser ) ) echo ""; elseif( ereg( "Opera", $browser ) ) echo "ブックマークに追加"; else echo "[Ctrl] + D"; unset( $browser, $pageURL, $pageName ); ?>

キーワード