ホーム » ガンプラを買う » 機動戦士Zガンダム » 

ガンプラまとめ 機動戦士ガンダムZの目次


機動戦士ガンダムZのガンプラをまとめました!
所属ごとにまとめてあるので、好きな所属を選んでください♩
シリーズと所属ごとにまとまっているサイトがなくて、
いっつも探すのに一苦労していたので自分でまとめてみました(笑)

今後も各シリーズで自分のためにもまとめて行くので、乞うご期待!

 

目次

エゥーゴ
・ガンダムMk-Ⅱ・エゥーゴ仕様
・リック・ディアス
・Zガンダム
・百式
・メタス
・ネモ
・ジムⅡ

ティターンズ
・ハイザック
・マラサイ
・ジ・O
・ガンダムMk-Ⅱ・ティターンズ仕様
・ハンブラビ
・アッシマー
・ギャブラン
・バイアラン
・ガブスレイ
・バウンドドッグ
・バラス・アテネ

地球連邦軍
・サイコガンダム

アクシズ
・キュベレイ
・ガザC

機動戦士ガンダムZ エゥーゴ軍のガンプラまとめ 最安値情報!!!


機動戦士ガンダムZのエゥーゴ軍のガンプラをまとめました!
君はどれを作る!?

エゥーゴ軍 モビルスーツ目次

・ガンダムMk-Ⅱ・エゥーゴ仕様
・リック・ディアス
・Zガンダム
・百式
・メタス
・ネモ
・ジムⅡ

 

ガンダムMk-Ⅱ・エゥーゴ仕様

型式番号:RX-178
武装:ビーム・サーベル×2 ビーム・ライフル ハイパー・バズーカ バルカン・ポッド・システム シールド フライングアーマー
パイロット:カミーユ・ビダン、エマ・シーン、クワトロ・バジーナ 他

ティターンズがグリーン・ノア1での慣熟テスト中の事故に乗じエゥーゴが2号機と3号機を奪取した。後に3機ともエゥーゴへ渡り、奪った内の2機をパーツ用にしている。
汎用性や戦闘力が極めて高く、エゥーゴの主力として様々な戦場で常に遅れをとることなく、数々の戦果を挙げた。

数少ないPG(パーフェクトグレード)のある機体。
さらにRGにフライングアーマーとGディフェンサーを付けると壮観の一言!!!
残念ながらAmazoneではHGUCの通常版はないみたい・・・
てか楽天にも無かったって事は、もうあまり作られていないのか!?

 

・HGUC
エクストラフィニッシュ版

フライングアーマー付

Gディフェンサー付

 

・MG
通常版

限定クリアパーツ付

 

・PG

 

・RG

おまけのフライングアーマー(RGにはこれを付けるべき!)

 

リック・ディアス

型式番号:RMS-099
武装:バルカン・ファランクス ビーム・サーベル  ビーム・ピストル×2 クレイ・バズーカ ビーム・ライフル バリュートシステム トリモチランチャー
パイロット:クワトロ・バジーナ、アポリー、ロベルト、アムロ・レイ 他

エゥーゴが独自で開発したMS。
装甲にガンダリウム合金を使用した最初の機体であり、高い運動性と攻撃力を発揮した。
ベテランパイロット達が主に使用しており地上でのエゥーゴの支援組織“カラバ”の作戦でも使用された。

クワトロ・バジーナ版と通常版とカラーは2種類しっかり準備してあります!
・HGUC
クワトロバジーナ版

通常版

 

・MG
クワトロバジーナ版

通常版

 

Zガンダム

型式番号:MSZ-006
武装:頭部バルカン×2 ビーム・サーベル(ビーム・ガン兼用)×2 グレネードランチャー×2 ワイヤー弾ランチャー ビーム・ライフル(ビーム・セイバー兼用) ハイパー・メガ・ランチャー シールド
パイロット:カミーユ・ビダン

エゥーゴのシンボルとして開発された可変MS。
ガンダムMk-Ⅱとリック・ディアスの長所を兼ね備え、高い機動性と攻撃力を持つ。
MA形態であるウェイブライダーは、単体での大気圏突入が可能であり、地上(大気圏内)でも運用可能である。

管理人が初めてのPGはこれ!と決めているモビルスーツ。
やっぱこの小顔と変形が素晴らしい!!!

 

・HGUC
通常版

ガンダムEXPO限定版


・MG
通常版

限定クリアパーツ付


・PG

 

・RG

 

百式

型式番号:MSN-00100
武装:頭部バルカン×2 ビーム・サーベル×2 ビーム・ライフル クレイ・バズーカ メガ・バズーカ・ランチャー バリュートシステム
パイロット:クワトロ・バジーナ

エゥーゴが開発した試作MS。
Zガンダム開発計画の途中段階で試作されたMSで、ガンダムMk-Ⅱとリック・ディアスの長所を採り入れており、非常にバランスが良く、高い戦闘力を発揮した。

数少ない金色のモビルスーツ!
管理人は百式のMGを、今やっているファーストガンダムシリーズを一通り製作し終わったら
手をつけようと思っています♩
・HGUC
通常版

メガバズーカランチャー付版

 

・MG
通常版

バリュートシステム版

限定クリアパーツ版

HDカラー版


その他
GUNDAM FIX FIGURATION # 0023 百式 & フルアーマー百式改

 

メタス

型式番号:MSA−005
武装:アームビーム・ガン×2 ビーム・サーベル(ヒート・ホーク兼用)×6
パイロット:ファ・ユイリィ、レコア・ロンド

エゥーゴが開発した初の可変型MS。
MA形態を基本としているため、宇宙空間での戦闘力、機動力は共に高い反面、MS形態時はティターンズのMSに押されることが多々あった。

 

・HGUC

 

ネモ


型式番号:MSA-003
エゥーゴとAE(アナハイム・エレクトロニクス社)が共同開発した量産MS。
当初、量産機の雛型として開発されたRMS-099 リック・ディアスは、コストダウンが困難であったため本格的な量産は見送られ、RMS-108 マラサイは、政治的な判断でティターンズに譲渡される事となった。

その代替機として、AEはエゥーゴにジム系の発展型であるネモを供給することになったとされる。

 

・MG

 

ジムⅡ


型式番号:RMS-179
一年戦争において地球連邦軍を勝利に導いたRGM-79 ジムの発展型(改修機)。
主武装を精度の低いビームスプレーガンから、ガンダムに匹敵するエネルギー充填型BR-S-85系ビームライフル(AEボウワ社製:出力1.9MW)とし、コクピットには全天周囲モニターを採用。主機の換装やサブセンサー設置などの近代化改修が行われたものの、コストパフォーマンスを優先したため、目を瞠る程の性能向上はなく、ジムのマイナーチェンジ版の域を出ていない。
・MG

機動戦士ガンダムZ ティターンズ軍のガンプラまとめ 最安値情報!!!


機動戦士ガンダムZのティターンズ軍のガンプラをまとめました!
地球連邦軍のエリート集団、ティターンズ。
君はどのガンプラを作る!?

 

ティターンズ軍 モビルスーツまとめ

・ハイザック
・マラサイ
・ジ・O
・ガンダムMk-Ⅱ・ティターンズ仕様
・ハンブラビ
・アッシマー
・ギャブラン
・バイアラン
・ガブスレイ
・バウンドドッグ
・バラス・アテネ

 

 

ハイザック

型式番号:RMS-106
武装:ビーム・サーベル、ザク・シールド、ザクマシンガン改、ビーム・ライフル、シールド、ヒートホーク、腰部ミサイルポッド、メガランチャー、バリュートシステム
パイロット:ジェリド・メサ、カクリコン・カクーラー 他
地球連邦軍が採用した戦後初の新設計機で、ザクをベースに造られており、リニアシートや360度全周囲スクリーン等を一番最初に標準装備した機体でもある。

 

 

・HGUC

 

・MG

 

マラサイ


型式番号:RMS-108
武装:頭部バルカン×2、シールド、ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル、バリュートシステム
パイロット:ジェリド・メサ、カクリコン・カクーラ、サラ・ザビアロフ 他

地球連邦軍が採用したMS。
アナハイム社がエゥーゴ用に開発したハイザックの発展機。ティターンズに無償で提供されており、一時期ティターンズの主力機を務めた。

 

 

 

・HGUC
通常版

 

エクストラフィニッシュ版

 

・MG

 

ジ・O


型式番号:PMX−003
武装:固定/隠し腕×2、ビーム・ソード(出力0.39MW)×2、ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル(出力2.6MW)
パイロット:パプテマス・シロッコ
パプテマス・シロッコが設計したハンドメイドMS。
巨体と鈍重に見えるフォルムとは裏腹に、機動性や運動性等は通常のMSと比較にならないほど高い。
攻撃力も高く、常にエゥーゴのMSを圧倒している。

 

 

・HGUC

 

・MG

 

ガンダムMk-Ⅱ・ティターンズ仕様

型式番号:RX-178
武装:頭部バルカン・ポッド、ビーム・サーベル×2、ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、シールド、拳部マルチプル・ディスチャージャー×2

ティターンズが名機RX-78 ガンダムの名と設計を受け継ぐフラッグシップMSとして開発した機体。
初期のティターンズ主力機ジム・クゥエルなどに使用された最新技術が投入されている。

主にスペースコロニー内部での戦闘を想定し、グリプス開発基地において8番目に開発された。

 

 

 

・HGUC

・MG
通常版

HDカラ-版


・RG

 

ハンブラビ

型式番号 :RX-139
武装:背部ビーム・ライフル×2、テールランス、ビーム・サーベル×2、腕部クロー×2、海ヘビ、フェダーインライフル、ビーム・ライフル
搭乗者:ヤザン・ゲーブル、ラムサス・ハサ、ダンケル・クーパー 他

ゼダンの門(旧ア・バオア・クー)工廠で9番目に開発された可変MS。

そのため、型式番号がRX-139となっている。アポロ作戦後にティターンズが制式採用した。

同時期に開発されたガブスレイに比べ、変形機構が単純なため生産性や整備性に優れているが、実際の生産は少数の試作機のみに止まった。

MS形態がヒトデ、MA形態がエイのような特異な姿を持つ。ガブスレイ同様、設計にはパプテマス・シロッコが関与している。

 

 

・HGUC

 

アッシマー

型式番号:NRX-044
武装:大型ビームライフル、ビームライフル(ハイザック、マラサイ共用型)
搭乗者:ブラン・ブルターク、アジス・アジバ、ガブリエル・ゾラ

地球連邦軍のニュータイプ研究所の一つ、オークランド研究所において開発された、大気圏内用試作可変モビルアーマー。

本機はサブフライトシステムなしで大気圏内を飛行可能な機体として開発され、そこに可変機構を組み込むことでMAの機動性とMSの汎用性の両立を目指していた。

ムーバブルフレームを採用していないため、可変機構により機体が大型化してしまうことも、機体スペースに余裕があるMAをベースにした理由の一つでもある。

 

 

・HGUC

 

 

ギャブラン

型式番号:ORX-005
武装:ビーム・サーベル(出力0.6MW)×2、ムーバブル・シールド・バインダー内蔵ビーム・ライフル(出力3.0MW)×2
搭乗者:ロザミア・バダム、ヤザン・ゲーブル、ダン・ニムロド、エリシア・ノクトン、ウェス・マーフィ、エリアルド・ハンター

地球連邦軍のニュータイプ研究機関「オーガスタ研究所」が提出した基本設計を元に、「オークランド研究所」が開発したティターンズの超高高度迎撃用MS。

MA形態に変形することで大気圏内での単独飛行が可能となるが、アッシマーと違いリフティングボディや熱核ジェットを持たぬゆえに燃費が悪く、推進剤搭載量の関係もあって飛行航続距離は極端に短い。

大気圏内での作戦時には多くの場合、サブフライトシステムか後述の追加ブースターが不可欠だった。

 

 

・HGUC

 

バイアラン

型式番号:RX-160
武装:ビーム・サーベル×2、メガ粒子砲×2
搭乗者:ジェリド・メサ 他

キリマンジャロ開発基地にて10番目に開発された試作型MS。

非変形機ながら、両肩に装備された大気圏内用熱核ジェットエンジンの大推力により、単独での大気圏内飛行を可能としている。

また宇宙空間での運用も可能(その際はエンジンを換装するとする資料あり)。

初登場時、ジェリド・メサが搭乗した機体は全体的に灰色だったが、のちに薄紫とダークブルーに再塗装された。

このほか、ごく少数だがジェリド機以外の存在も確認されている。

 

 

・HGUC

 

ガブスレイ

型式番号:RX-110
武装:肩部メガ粒子砲×2、クローアーム×2、フェダーインライフル
搭乗者:ジェリド・メサ、マウアー・ファラオ

パプテマス・シロッコが提出した設計案を元に、ルナツー基地にて開発された試作型TMS(可変モビルスーツ) 。

標準塗装はウッドブラウンとフィールドグリーン。小説版での表記はガブスレー。

従来、MA形態が基本の可変MAであったティターンズの可変機の中で、ムーバブルフレームを本格的に導入したTMSの1つである。

TMA同様の機動性、運動性を有し、Ζガンダムと並び第3世代MSを代表する機体の1つ。

同基地で製造された10番目の機体であったことから「RX-110」の型式番号を与えられた。

 

 

・HGUC

 

バウンドドッグ

型式番号:NRX-055
武装:ビームライフル(出力2.1MW)、拡散メガ粒子砲(出力16.4MW)、ビームサーベル
搭乗者:ゲーツ・キャパ、ロザミア・バダム、ジェリド・メサ

試作機で、3機が生産された。

旧ジオン軍MAのグラブロがベースとなっており、オークランド研究所において、ニュータイプ用に調整された。

サイコミュを搭載しているが武装ではなく機体制御に使用している。

基本的にはニュータイプ用で、ニュータイプや強化人間でなければ機体性能を完全には引き出す事が出来ない。
※本製品はMS IN ACTIONシリーズの一つのため、HGUC等とはちょっと別です。サイズはHGとMGの間くらい♩

 

バラス・アテネ

型式番号:PMX-001
武装:ビーム・サーベル×2、2連ビーム・ガン、グレネード・ランチャー、拡散ビーム砲×4、ミニミサイル×40、大型ミサイル×8、メガ・ビーム砲×2
搭乗者:レコア・ロンド、サラ・ザビアロフ(小説版)、パプテマス・シロッコ

パプテマス・シロッコがジュピトリス艦内で独自開発したハンドメイドMS、PMXシリーズの1機。黄緑を基調とした機体色が特徴で、両足の真ん中に入るラインや動力パイプなどの色などに黄色を配している。

全身に多彩な火器を搭載した対艦用MSとして設計されたが、フル装備で80tを超える総重量を持つため、機動性は同時期の標準機以下に止まっている。

機能的には第2世代MSの範疇に含まれるが、火力の面に関しては、後の第4世代MSに匹敵する性能を持っている。

なお搭載武装の多くは、劇中では未使用となっている。

 

 

・HGUC

機動戦士ガンダムZ 地球連邦軍のガンプラまとめ 最安値情報!!!


機動戦士ガンダムZの地球連邦軍のガンプラをまとめました!
ただ残念な事に、販売されているのはサイコガンダムのみ(涙)
今後アクト・ザクとか出てくれると嬉しいんだけどな〜

 

地球連邦軍 モビルスーツまとめ

・サイコガンダム

 

サイコガンダム

型式番号:MRX-009
武装:拡散メガ粒子砲×3、ビーム砲×10、小型メガビーム砲
搭乗者:フォウ・ムラサメ、ベン・ウッダー

地球連邦軍のニュータイプ機関・ムラサメ研究所が開発した、強化人間専用の機体。外見はガンダムタイプそのものだが、内部システムはまったく別物でジオングなどを参考にしている。サイコミュ・システムを小型化できなかったため、やむなく機体のサイズもシステムに合わせて製作されており、通常のモビルスーツ (MS) の2倍以上の巨体となった。そのためガンダムの名を冠しているが、MSではなくモビルアーマー (MA) に分類されている。

・HGUC

機動戦士ガンダムZ アクシズのガンプラまとめ 最安値情報!!!


機動戦士ガンダムZのアクシズのガンプラをまとめました!
キュベレイはやっぱり格好いいですね〜
君はどのガンプラを作る!?

 

アクシズ モビルスーツまとめ

・キュベレイ
・ガザC

 

 

キュベレイ

型式番号:AMX-004 (MMS-3)
武装:ビームガン兼ビームサーベル×2、ファンネル×10、大型ビームサーベル×2
搭乗者:ハマーン・カーン

アクシズにて設計・開発されたニュータイプ専用試作型MS。
一年戦争時に多大な戦果を挙げたニュータイプ専用モビルアーマー (MA)「エルメス」の後継機。

キュベレイの開発はグリプス戦役以前より基礎研究が開始されていたとされ、サイコミュを搭載し、ビットを小型化した遠隔誘導攻撃端末「ファンネル」の運用を可能とした。

また、機体制御そのものもサイコミュによって行うことができる。

 

・HGUC
通常版

HDカラ-版

 

・MG

 

ガザC

型式番号:AMX-003 (MMT-1)
武装:ナックルバスター(出力6.7MW)、ビーム・ガン(出力2.3MW)、ビームサーベル(出力0.4MW)×2
搭乗者:ハマーン・カーン、グレミー・トト(一般兵時代)、ネオ・ジオン一般兵

一年戦争の終結時、アステロイドベルトに逃げ延びたジオン公国軍残党は、小惑星アクシズ内部の施設拡充およびその居住施設モウサの建造に際して作業用MSのガザA、ガザBを開発した。

アクシズの地球圏への帰還の決定とほぼ前後して、これらガザシリーズを戦闘用に発展させ、生産ラインを流用して大量に生産、暫定的に軍事力を増強することとなった。

そのため、本機は旧ジオン公国軍製MSとは異なる開発コンセプトとなっている。簡易ながら可変機能を持つため、第3世代MSに属する。

 

・HGUC
通常版

ハマ-ン・カ-ン版

今月の新発売ガンプラ♪
カテゴリー
最新記事
管理人プロフィール


当サイト管理人「ゆう」です。
30代目前で、ガンプラ制作に目覚めたサラリーマンパパ(爆)

お気に入り登録

お気に入り登録しておくと
次回からのアクセスが便利です♪

name .' - '. get_bloginfo('name'); } elseif( is_single() || is_page ) { $pageName = get_post( $post->ID, OBJECT ); $pageName = $pageName->post_title .' - '. get_bloginfo('name'); } else $pageName = get_bloginfo('name'); if( ereg( "MSIE", $browser ) ) echo ""; elseif( ereg( "Firefox", $browser ) ) echo ""; elseif( ereg( "Opera", $browser ) ) echo "ブックマークに追加"; else echo "[Ctrl] + D"; unset( $browser, $pageURL, $pageName ); ?>

キーワード