ホーム » ガンプラ基礎知識 » ガンプラの種類 » ガンプラの種類(HG、RG、MG、PGの違い)

ガンプラの種類(HG、RG、MG、PGの違い)


スクリーンショット 2012-03-28 0.44.50
ガンプラの種類はいったいどれだけあるのか?
ガンプラを始める前に、まずは販売されている種類を知るべし!!!
現在市販されている種類/グレードを一挙公開です♩
さらに初心者が最初に作るべきグレードまで紹介しちゃいます!

グレード一覧

現在販売されている種類は、全部で4種類。

HG ハイグレード
RG リアルグレード
MG マスターグレード
PG パーフェクトグレード

 

各グレードごとに、モビルスーツが販売されています。
と、言っても種類の多さは各グレードによって異なります。

では、各グレードについて説明していきます!

 

HG ハイグレード

1/144スケールのガンプラの標準モデル!
高さは約13cmと他のグレードと比較すると小振りだが、
もっとも機種数が充実したグレード!

ガンプラ10周年記念企画として発売開始したモデル。
現行モデルの中でもっとも昔から発売されているモデルであり、扱っているモビルスーツ・アーマーの機種数は他のグレードを寄せ付けない多さ。

 

「塗装をしなくても完成する」
をテーマとしており、そのテーマの通り組み立てるだけでもそれなりのモノが出来上がる。

 

とはいえ、標準モデル故に、1パーツごとの色分けや、そもそもパーツの色数は少ないため、他の上位モデルと比べると非力は非力。

しかし、そこに逆に目をつけ、塗装を自分でして楽しむ、という強者達もいる。

 

値段は500〜1500円と、標準モデルとだけあって、最も安く買える価格帯となっている。

初めて購入する人は、まずはこのモデルから買おう!

HGを数体作り、ある程度慣れて来たら上位モデルに挑むべし!

 

RG リアルグレード

1/144スケールのHGの上位モデル!
高さは約13cmと、HGと同じだが、そのパーツ数、仕上がりはまさに上位モデルと言える。

ガンプラ30周年記念企画として発売開始したモデル。
現行のモデルの中では、最も新しいモデルとなる。
(ガンプラ自体は各グレードで順次発売されているため、新しいモデル・古いモデルという考え方はナンセンスだが)

 

「手のひらサイズで本物のようなリアルなモデルを」
をテーマに作成されている。

 

そのテーマに相応しく、可動範囲・ギミックがMGに近いレベルで組み込まれ、各関節はガンプラの中でも最大級の可動域が実現されている。

さらにHGでは1パーツにつき1色が基本だったが、RGではより精巧度を上げるため、1パーツに2〜3色に増えている。

 

そして何よりHGと違いのは。。。

これまではMG以上でしか付いていなかったデカールが付いている!

デカールの採用により、より精巧度が上がったといっても過言ではないだろう。

欠点はまだ発売開始したばかりのグレードのために、機種数が少ない、という事。
これは年々増えていくので、バンダイさんに期待しよう!

 

MG マスターグレード

1/100スケールのガンプラの上位モデル!
高さは約18cmと、HGと比較すると非常に精悍なガンプラ。

ガンプラ15周年記念企画として発売開始したモデル。
当初は「究極のガンプラ」がテーマだったが、PGの発売により「高級品のガンプラ」にテーマが変更された。

 

しかし、このテーマ変更により、それまで主役機しか販売していなかったが、敵機やアニメでは数秒しか出ていないモビルスーツまで、多くの機種で販売開始したため、買い手側からすると、嬉しい限り。

 

「高級品のガンプラ」に相応しく、HGと比較すると明らかに素晴らしい出来となっている。

HGと違い、パーツごとに色分けがされ、可動範囲・ギミックも細かい所までしっかりと出来上がっているため、様々なポージングを取る事が可能。

 

ただし、その分パーツ数が多く、お値段も3000〜5000円程度とHGの3倍強する。
さらにこのシリーズからデカールがあるため、初心者は手を出すべからず。

 

まずはHGで腕を磨き、ある程度さくさく作れるようになってから挑戦しよう!!!

 

PG パーフェクトグレード

1/60スケールのガンプラの最高峰作品!
高さは約30cmもある巨大ガンプラ。

ガンプラの20周年記念から発売開始した「究極のガンプラ」をテーマに作られたグレード。
主に主役機がメインを張ります。

 

内部のディテールにまで拘って作られた、まさに究極のガンプラに相応しい出来上がり。
しかし、その分パーツ数はガンプラシリーズの中で最多の約800パーツ。

 

その完成度の高さから、一度は作ってみたいガンプラです。
ただし、パーツ数が多い、と言う事は制作時間もかなりかかる、という点が注意。

一般には、細部までこだわって作り出すと1年かかると言われています(汗)
またお値段も10000円オーバーする商品がほとんど。

MGで腕を磨いてから望むべし。
決して初心者は手を出してはいけません。
確実にガンプラが嫌いになります(涙)

 

最後に・・・

大きさの比較をした写真がバンダイさんのHPに載っていました!
転載は不許可のため、こちらからどうぞ〜
PG、恐るべし大きさだ・・・


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
今月の新発売ガンプラ♪
カテゴリー
最新記事
管理人プロフィール


当サイト管理人「ゆう」です。
30代目前で、ガンプラ制作に目覚めたサラリーマンパパ(爆)

お気に入り登録

お気に入り登録しておくと
次回からのアクセスが便利です♪

name .' - '. get_bloginfo('name'); } elseif( is_single() || is_page ) { $pageName = get_post( $post->ID, OBJECT ); $pageName = $pageName->post_title .' - '. get_bloginfo('name'); } else $pageName = get_bloginfo('name'); if( ereg( "MSIE", $browser ) ) echo ""; elseif( ereg( "Firefox", $browser ) ) echo ""; elseif( ereg( "Opera", $browser ) ) echo "ブックマークに追加"; else echo "[Ctrl] + D"; unset( $browser, $pageURL, $pageName ); ?>

キーワード